2009年08月26日

ついに穂が出ました!

こんにちは!最近は朝・晩が涼しくなり秋めいてきましたね。
さて今日はミニたんぼの稲が出穂しましたので更新をしたいと思います。今まで更新が停滞気味でごめんなさい|;´・ω・`|ゞ
出穂というのは米の花が咲く茎“穂”が出ることです。下の写真のように現在はなっています!

8.26.JPG

8.26 (1).JPG










 

そして出穂しただけではなくなんと花まで咲きましたぴかぴか(新しい)
花が咲いている時間は朝の9時頃からほんの数時間だけなんだそうです。うっかり見逃してしまいそう・・・。
稲の花には6本のおしべと1つのめしべがあっておしべはもみから出た後、先端から花粉を飛ばします。
着々と成長しているのが分かってきて嬉しい今日この頃です♪
穂が垂れてくるのが楽しみですね!



posted by 直実 at 15:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ田圃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

黒米の出穂状況

黒米バケツ稲は出穂が続いています。
出穂した穂は上に「ピーン」と伸びています。
しかし出穂寸前にはその重さからバランスを崩し、倒伏しそうな稲もありました。
成長段階で穂の熟成から稲上部が重くなり茎が曲がりかけてもいた細い茎の弱々しい稲もありました。

そんな中、曲がっていた茎が出穂時期にはほぼ真っ直ぐに伸びているではありませんか。
黒米は根付きの特性から倒伏しやすいお米なのですが、真っ直ぐ伸び直そうとする、稲の成長力には驚かされます。
今後は虫よけ対策を考え、しっかり登熟していくことを祈るばかりです。

SANY4294_R_R.JPG

SANY4306_R_R.JPG

ずいぶん成長しました100cm超(バケツ土表面から)
 
SANY4295_R_R.JPG
どんどん出穂しました。


 

SANY4301_R_R.JPG

アップに映すと黒米とわかります。花も咲いています。

SANY4299_R_R.JPG

ここまで来ると出穂直前です。
posted by 直実 at 13:27| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

中干し終了後はすぐ水が無くなる!!

本日は女性社員の代わりに原ちゃんがミニ田んぼの記事を書きます。
中干しが無事終了いたしました。ミニ田んぼにはヒビが入り、土の中までしっかり乾燥したのが分かります。
SANY4180_R.JPG

土の中の悪い菌をしっかり死滅させることができたと思います。

中干しを開始は8月1日ですが、実質田んぼ表面から水が消えたから8月3日から11日後の8月14日までとなりましたので、今回のミニ田んぼの中干しは長いものになりました。

さて稲をご覧下さい。
SANY4181_R.JPG
              


中干しの過酷な条件の中、更に今年は日照時間が少ないといわれながら、ここまで実に立派に育っています。

例年になく大きく育っています。田植えの際、苗と苗の間を広くとったせいもありますが、今回の中干しで根が水欲しさに地中の奥へ奥へと成長したことにより、幹も大きく育ったとはっきりいえます。

しかし意外な問題が発生しました。
中干し後、ミニ田んぼの水の減りが非常に早いのです。給水の連続です。
SANY4189_R.JPG


驚くほどの早さです。
原因は二つでしょう。
 @中干し前よりも成長した稲が水を吸う量が増えた為、水の減りが早くなくなった。
 A中干しにより伸びた根が、水はけの良い土の層迄伸びた。そのためその層に水が吸収される。 
  (中干しによりミニ田んぼの土が各所で割れ、中干しが終了したばかりなのでそこからも水が落ちている)

そんな中、会社が休みの日でも、当社直販店舗ライス・スクエア店長や休日当番の出勤社員さんにも
協力いただいて水を入れていただいています。

黒米バケツ稲も中干し後はとにかく水が吸収されたのと一緒でしょう。
何より稲は成長するに合わせ水を吸うのです。
ミニ田んぼの稲はこしひかりですから、あと3週間程で出穂するでしょう。

以前撮影できたように稲の花の写真をこのブログに掲載できたらいいなと思います。
楽しみです。

********************************************
毎日の食事を通じて健康になれること、
日本の食文化の素晴らしさを伝えたい…
松本米穀精麦株式会社 ライス・スクエア
360-0031埼玉県熊谷市末広1−79
E-mail kumagaya@naozane.co.jp
*********************************************
posted by 直実 at 15:57| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ田圃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

黒米バケツ稲ついに出穂!

黒米バケツ稲ついに出穂!
16日の朝、1本目の稲に出穂が確認できました。
7月22日のブログ記事で予想した8月20日の出穂より僅かに早い出穂
となりました。(以下写真)
SANY4209_R.JPG

17日にも続けてほかの稲が出穂しました。(以下写真)
SANY4239_R.JPG


見たところ穂は健康状態良好です。
葉を見ると下部のほうに縞葉枯病の疑いもありますが、幹は健康そのものですので、
問題なく登熟してくれるのを願うばかりです。

今後育成に注意が必要な点は…
・出穂後、20日間の平均気温が26℃又は27℃(最低気温が24℃)を超えると高温障害が多発する(今年は余り心配いらないと思います)  
・食味を意識しすぎ、施肥料を削減すると(登熟期などに)稲の体力が落ちる。(登熟期には与えてきました)
特にこの2点です。

良い実を付けてくれることを祈るばかりです。
稲刈りは9月下旬になると思います。

黒く良い玄米が収穫されることを祈ります。

********************************************
毎日の食事を通じて健康になれること、
日本の食文化の素晴らしさを伝えたい…
松本米穀精麦株式会社 ライス・スクエア
360-0031埼玉県熊谷市末広1−79
E-mail kumagaya@naozane.co.jp
*********************************************


posted by 直実 at 23:48| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

ちょっと心配イネ縞葉枯(しまはがれ)病

黒米バケツ稲はほぼ順調に育っています。
しかしちょっと心配なのが…イネ縞葉枯)病(しまはがれ病)です。
考えすぎかもしれませんが、何となく似たような症状が一部に出ています。十分注意したいと思います。
この病の症状については
こちらのサイトに詳しく出ていますご参考下さい。
SANY4151_R.JPG



暑い中バケツ稲はあっという間に水を飲み干すようになりました。
朝与えると帰宅時には水の溜まっている様子など全くありません。
SANY4149_R.JPG
しっかり多き育ってと願うばかりです。

SANY4153_R.JPG
黒米らしく枝部分が紫色をしています。

posted by 直実 at 18:01| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

“中ぼし”始めました

8月1日にミニ田んぼの中ぼしを始めました。期間は1週間〜10日ほどの予定です。
水草は雑草予防のためそのままの状態で下に少し水が残るくらいまで抜きます。
この中ぼしとは何のためにするのでしょうか??
それは、土の中のガスを抜いて、空気中の酸素を取り込むために行います。土が乾燥すると根が水を求めて伸びるため、丈夫な稲が育つそうです!
そして今日(3日なんですが(笑))稲の長さをしばらく測っていなかったので測ってみたところ78cmになっていました。2週間ちょっと測らなかった間に47cmからこんなに成長しましたグッド(上向き矢印)日照時間が今年は少ないと言いますしこのまま順調に育ってほしいものですo(*^▽^*)o♪

8.1 (3).JPG

                     上の写真は中ぼしをした時の写真です

8.3.JPG
8月3日現在の稲の様子です。大分大きくなりましたわーい(嬉しい顔)









posted by 直実 at 15:48| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ田圃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

先月館林で竜巻の日 倒伏が心配でした。

先月末、群馬県館林市で竜巻が発生しましたが、それよりやや早い時間に熊谷では猛烈な雨…そして雷が…やはり風も強かったです。
私が育てている黒米は高さは大きく育ってきているのですが、幹がコシヒカリよりやや細い気がします。根付きがコシヒカリに比べ劣るのは特性であるためやむを得ませんが、強い風による倒伏には本当に心配になります。
写真では分かりずらいかもしれませんが、成長に伴い枝も伸び、植えた場所がだいぶ密集しています。
SANY3811_R.JPG

今から植え替えなんて出来ませんから、せめて根っこはそれぞれお互いを邪魔しないように伸びていただきたい、そう願うのみです。
節の部分や根に近い部分、黒米と判る紫黒色に色づいているところがあります。
SANY3812_R.JPG

SANY3815_R.JPG


********************************************

毎日の食事を通じて健康になれること、
日本の食文化の素晴らしさを伝えたい…
松本米穀精麦株式会社 ライス・スクエア
360-0031埼玉県熊谷市末広1−79
E-mail kumagaya@naozane.co.jp
*********************************************  
posted by 直実 at 17:03| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。