2009年08月18日

中干し終了後はすぐ水が無くなる!!

本日は女性社員の代わりに原ちゃんがミニ田んぼの記事を書きます。
中干しが無事終了いたしました。ミニ田んぼにはヒビが入り、土の中までしっかり乾燥したのが分かります。
SANY4180_R.JPG

土の中の悪い菌をしっかり死滅させることができたと思います。

中干しを開始は8月1日ですが、実質田んぼ表面から水が消えたから8月3日から11日後の8月14日までとなりましたので、今回のミニ田んぼの中干しは長いものになりました。

さて稲をご覧下さい。
SANY4181_R.JPG
              


中干しの過酷な条件の中、更に今年は日照時間が少ないといわれながら、ここまで実に立派に育っています。

例年になく大きく育っています。田植えの際、苗と苗の間を広くとったせいもありますが、今回の中干しで根が水欲しさに地中の奥へ奥へと成長したことにより、幹も大きく育ったとはっきりいえます。

しかし意外な問題が発生しました。
中干し後、ミニ田んぼの水の減りが非常に早いのです。給水の連続です。
SANY4189_R.JPG


驚くほどの早さです。
原因は二つでしょう。
 @中干し前よりも成長した稲が水を吸う量が増えた為、水の減りが早くなくなった。
 A中干しにより伸びた根が、水はけの良い土の層迄伸びた。そのためその層に水が吸収される。 
  (中干しによりミニ田んぼの土が各所で割れ、中干しが終了したばかりなのでそこからも水が落ちている)

そんな中、会社が休みの日でも、当社直販店舗ライス・スクエア店長や休日当番の出勤社員さんにも
協力いただいて水を入れていただいています。

黒米バケツ稲も中干し後はとにかく水が吸収されたのと一緒でしょう。
何より稲は成長するに合わせ水を吸うのです。
ミニ田んぼの稲はこしひかりですから、あと3週間程で出穂するでしょう。

以前撮影できたように稲の花の写真をこのブログに掲載できたらいいなと思います。
楽しみです。

********************************************
毎日の食事を通じて健康になれること、
日本の食文化の素晴らしさを伝えたい…
松本米穀精麦株式会社 ライス・スクエア
360-0031埼玉県熊谷市末広1−79
E-mail kumagaya@naozane.co.jp
*********************************************


posted by 直実 at 15:57| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ田圃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。