2009年10月01日

黒米稲刈りまでもう少々時間が必要。 

古代米(黒米)に関する本によれは、出穂から収穫(稲刈り)までに必要な日数、(つまりしっかり熟すまでに必要な日数)は約50日間必要であることがわかりました。
黒米は育成に時間が掛かると言う事を身を持って体験した次第です。
8月16日が第一の穂の出穂日ですから、そこから約50日というと10月4日(日)が稲刈り頃となりますが、あくまで最初の穂が出た日ですので、全体の穂のことを考えると、そこから更に1週間後の10月11日(日)か12日(祝)のいずれか頃となります。
当初はシルバーウィークあけに稲刈りを考えていましたが、ちょっと早かったようです。
まだ葉や幹は緑色していますので、確かにその辺の日時が適当なのかもしれません。

ちなみに、登熟しつつある黒米の皮をはいで噛んでみると、甘さを感じます。
美味しい実が収穫されるに間違いありません!。
稲刈りが待ち遠しくて仕方なくなりました。
もちろん、稲刈り後は天日乾燥しますからまだすぐに食べられません(笑)。

SANY4930_R.JPG


SANY4933_R.JPG


SANY4936_R.JPG

上記写真3枚は9/28撮影です。



posted by 直実 at 15:33| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。