2007年08月30日

色づく黒米

どうも。原ちゃんです。
やっと・や〜っと、熊谷も涼しくなってきました。これまであまりにも暑すぎましたから涼しくなって嬉しく思うのは私だけでしょうか?。
熊谷市もあついぞ!とだけ云わず、市をあげて本格的に地球環境を考える運動の展開が進んでいるとか…これだけの暑い思いをした熊谷市だから非常に説得力ある運動に広がっていく気がいたします。皆さんも環境意識を大事にしましょうね。

黒米アップ 籾殻(もみがら)を取った黒米
 さて、バケツ稲ですが、今回は2枚のアップの写真をご覧下さい。そう黒米です。籾殻(もみがら)を取りますと、いわゆるぬか層の表面部分の果皮が黒く色づいてきていることがはっきりと分かるようになりました。
それにこの黒米『朝紫』というもち品種です。うるち米ではありません。写真にはありませんが、うるち米はやや透明感があるんですが、もち品種だけあり、割りますと中は真っ白です。

 そろそろスズメ軍団にねらわれないかと心配になってきました。来週あたり、網でも張って防御作戦を行おうかなんて考えてます


posted by 直実 at 14:53| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

昨年の米国、温室効果ガスが高温の原因・当局研究者
Excerpt:  これまで、異常気象等の原因として、エルニーニョ現象の影響であるとか、ラニーニャ現象の影響であるとか、いわゆる「一定地域の海水温等、自然界の要因」が原因とされることが多かった。  日経ECOLOMY..
Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
Tracked: 2007-08-31 08:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。