2009年11月12日

黒米は天日干し後美味しく頂きました。

今月(11月)上旬、黒米を脱穀・炊飯し美味しくいただくことができました。
SANY6123.jpg
天日乾燥数日間実施
SANY6115.jpg
穂も薄紫色です。
SANY6127.jpg
茎の部分も紫色です。
SANY6124.jpg
割り箸を使って脱穀開始。
SANY6132.jpg
収穫!
SANY6133.jpg
すり鉢を使って脱穀します。
SANY6136.jpg
摺りはじめますと…
SANY6137.jpg
もみ殻が剥がれると中から良くできた黒米が!
SANY6141.jpg
脱穀には手間が掛かります。
SANY6147.jpg
頑張りました!綺麗に剥けました!1合位の収穫量です。
SANY6155.jpg
玄米好きの私、(原ちゃん)。玄米に黒米を混ぜて炊きます。
SANY6157.jpg
良い炊きあがりです!!
SANY6162.jpg
半年かけて育成、そして収穫。お米を美味しくいただけたことは
バケツ稲育成者冥利に尽きます。


posted by 直実 at 17:45| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

暗い夜に黒米稲刈り

黒米バケツ稲を稲刈りいたしました。
既に水をやらず数日経っているため、実質、天日干し状態でした。
大きい枝切りハサミでバサッと行きました。
SANY5720_R.JPG
既に大分乾燥しています。

SANY5722_R.JPG
ハサミでバサッと行きました。

SANY5725_R.JPG
これだけの収穫満足です。

SANY5728_R.JPG
ベランダ軒下で数日乾燥です。

美味しくいただけますように…。

posted by 直実 at 20:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

黒米水無し一週間

刈り取りを目前に控え1週間水を与えず来ました。
やはり植物です。一気に茶色くなってきました。
刈り取り場所のベランダに移して撮影したためちょっとわかりずらくてすみません。
茎も葉も籾もやはり乾いてきました。
籾をこするとあっという間にもみ殻がらは取れ中から実に良い色をした黒米が出てきます。
17日か18日に刈り取りし天日で干したいと思います。
SANY5538_R.JPG

SANY5545_R.JPG

SANY5548_R.JPG


posted by 直実 at 19:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

黒米今日から水を与えるのをやめました

黒米バケツ稲の稲刈りに備え今日から水を与えるのをやめました。
かなり引っ張りました。というのも実はまだほんの少し、緑色の穂があるのです。
でも稲刈り日は10/17か10/18で決定とします。
SANY4938_R.JPG
posted by 直実 at 18:53| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

黒米稲刈りまでもう少々時間が必要。 

古代米(黒米)に関する本によれは、出穂から収穫(稲刈り)までに必要な日数、(つまりしっかり熟すまでに必要な日数)は約50日間必要であることがわかりました。
黒米は育成に時間が掛かると言う事を身を持って体験した次第です。
8月16日が第一の穂の出穂日ですから、そこから約50日というと10月4日(日)が稲刈り頃となりますが、あくまで最初の穂が出た日ですので、全体の穂のことを考えると、そこから更に1週間後の10月11日(日)か12日(祝)のいずれか頃となります。
当初はシルバーウィークあけに稲刈りを考えていましたが、ちょっと早かったようです。
まだ葉や幹は緑色していますので、確かにその辺の日時が適当なのかもしれません。

ちなみに、登熟しつつある黒米の皮をはいで噛んでみると、甘さを感じます。
美味しい実が収穫されるに間違いありません!。
稲刈りが待ち遠しくて仕方なくなりました。
もちろん、稲刈り後は天日乾燥しますからまだすぐに食べられません(笑)。

SANY4930_R.JPG


SANY4933_R.JPG


SANY4936_R.JPG

上記写真3枚は9/28撮影です。

posted by 直実 at 15:33| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

種皮を剥くと…間違いなく黒米です!

黒米バケツ稲はすべての稲から出穂が完了し、全部で28本の出穂が確認できました。
8月中に出穂したものもあれば、先週出穂したものまで、同じバケツ稲でそだてても、種籾の段階で早く発芽したものから、やっと発芽したものまで様々でしたので、やはり時間差が出るものです。
穂にはしっかり栄養が行き渡り、おいしい黒米が収穫できるよう糠を与えています。(写真参考)
さて、収穫前の楽しみを本日実施しました。それは、黒米種皮の皮むきです。
剥き終わって黒米が出てきた瞬間嬉しくなりました。
SANY4572_R.JPG

先週月曜(7日)ぬかを与えました。

SANY4637_R.JPG

28本出穂しています。

SANY4648_R.JPG

より紫色に色づいてきましたので…

SANY4597_R.JPG

一粒とって皮をむいてみました。

SANY4598_R.JPG

指の先にも紫色がつきました。

SANY4603_R.JPG

やりました!黒米!!

SANY4606_R.JPG

割ってみますと糯品種らしく、やや白っぽい色をしています。

刈り取りまであと2週間(26日頃)と見込んでいます。
posted by 直実 at 19:37| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

やはり黒米、色づきます。

きれいな紫黒色が期待できるまでになりました。
出穂してから約2週間が経過しました。
黒米らしく色が付いてきました。収穫時にはより美しい紫黒色が今年も期待できそうです。
穂へ栄養がしっかり行き渡るように、糠を土に与えたいと思っています。
SANY4508_R.JPG


SANY4516_R.JPG


SANY4515_R.JPG
色が付いてきたのがわかりますか?
posted by 直実 at 23:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

黒米の出穂状況

黒米バケツ稲は出穂が続いています。
出穂した穂は上に「ピーン」と伸びています。
しかし出穂寸前にはその重さからバランスを崩し、倒伏しそうな稲もありました。
成長段階で穂の熟成から稲上部が重くなり茎が曲がりかけてもいた細い茎の弱々しい稲もありました。

そんな中、曲がっていた茎が出穂時期にはほぼ真っ直ぐに伸びているではありませんか。
黒米は根付きの特性から倒伏しやすいお米なのですが、真っ直ぐ伸び直そうとする、稲の成長力には驚かされます。
今後は虫よけ対策を考え、しっかり登熟していくことを祈るばかりです。

SANY4294_R_R.JPG

SANY4306_R_R.JPG

ずいぶん成長しました100cm超(バケツ土表面から)
 
SANY4295_R_R.JPG
どんどん出穂しました。


 

SANY4301_R_R.JPG

アップに映すと黒米とわかります。花も咲いています。

SANY4299_R_R.JPG

ここまで来ると出穂直前です。
posted by 直実 at 13:27| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

黒米バケツ稲ついに出穂!

黒米バケツ稲ついに出穂!
16日の朝、1本目の稲に出穂が確認できました。
7月22日のブログ記事で予想した8月20日の出穂より僅かに早い出穂
となりました。(以下写真)
SANY4209_R.JPG

17日にも続けてほかの稲が出穂しました。(以下写真)
SANY4239_R.JPG


見たところ穂は健康状態良好です。
葉を見ると下部のほうに縞葉枯病の疑いもありますが、幹は健康そのものですので、
問題なく登熟してくれるのを願うばかりです。

今後育成に注意が必要な点は…
・出穂後、20日間の平均気温が26℃又は27℃(最低気温が24℃)を超えると高温障害が多発する(今年は余り心配いらないと思います)  
・食味を意識しすぎ、施肥料を削減すると(登熟期などに)稲の体力が落ちる。(登熟期には与えてきました)
特にこの2点です。

良い実を付けてくれることを祈るばかりです。
稲刈りは9月下旬になると思います。

黒く良い玄米が収穫されることを祈ります。

********************************************
毎日の食事を通じて健康になれること、
日本の食文化の素晴らしさを伝えたい…
松本米穀精麦株式会社 ライス・スクエア
360-0031埼玉県熊谷市末広1−79
E-mail kumagaya@naozane.co.jp
*********************************************


posted by 直実 at 23:48| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

ちょっと心配イネ縞葉枯(しまはがれ)病

黒米バケツ稲はほぼ順調に育っています。
しかしちょっと心配なのが…イネ縞葉枯)病(しまはがれ病)です。
考えすぎかもしれませんが、何となく似たような症状が一部に出ています。十分注意したいと思います。
この病の症状については
こちらのサイトに詳しく出ていますご参考下さい。
SANY4151_R.JPG



暑い中バケツ稲はあっという間に水を飲み干すようになりました。
朝与えると帰宅時には水の溜まっている様子など全くありません。
SANY4149_R.JPG
しっかり多き育ってと願うばかりです。

SANY4153_R.JPG
黒米らしく枝部分が紫色をしています。

posted by 直実 at 18:01| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

先月館林で竜巻の日 倒伏が心配でした。

先月末、群馬県館林市で竜巻が発生しましたが、それよりやや早い時間に熊谷では猛烈な雨…そして雷が…やはり風も強かったです。
私が育てている黒米は高さは大きく育ってきているのですが、幹がコシヒカリよりやや細い気がします。根付きがコシヒカリに比べ劣るのは特性であるためやむを得ませんが、強い風による倒伏には本当に心配になります。
写真では分かりずらいかもしれませんが、成長に伴い枝も伸び、植えた場所がだいぶ密集しています。
SANY3811_R.JPG

今から植え替えなんて出来ませんから、せめて根っこはそれぞれお互いを邪魔しないように伸びていただきたい、そう願うのみです。
節の部分や根に近い部分、黒米と判る紫黒色に色づいているところがあります。
SANY3812_R.JPG

SANY3815_R.JPG


********************************************

毎日の食事を通じて健康になれること、
日本の食文化の素晴らしさを伝えたい…
松本米穀精麦株式会社 ライス・スクエア
360-0031埼玉県熊谷市末広1−79
E-mail kumagaya@naozane.co.jp
*********************************************  
posted by 直実 at 17:03| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

黒米・中干しなど

中干しを実施いたしました。
黒米用のバケツ稲の土は保湿力の強い土でもあり、表面はカサカサに乾いたりはしません。
しかし、さすがに2日半以上水を与えないと稲がしな〜っとしてきたのは明白。
バケツの中の水分は失われ、大分水分は失われ、渇いたのは間違いありません。
悪い菌などは死滅し、根は水を欲しがり、しっかり成長するための耐久力を付けるきっかけを得る事ができたと思います。

SANY3315.JPG

いつもは2リットルのペットボトルの3分の2くらい与えたところで鉢から水がこぼれだしますが、「欲しかった」と言わんばかりにポコポコと音を立てながら空気が出てきて、殆どこぼれす、しっかり吸収しました。
稲に思わず言葉をかけたくなります。「よく頑張ってくれた。しっかりした良い根を持って、良い穂を産み出して」と。


黒米バケツ稲、中干しまでを振り返ってみましょう。
5月17日 芽出し開始(水に種もみをつける)
5月21日 発芽
6月下旬頃  バケツに植えた種籾は根付きしたと思われる
7月15・16・17日 中干し(2日半)
 (7月20日過ぎ頃でもよかったかもしれません。しかし、成長が速く、梅雨明け発表も関東は早かった為実施)


今後…
 よりしっかり育成させるために中干し後も間断灌水(※)の実施も検討するかももしれません。
(※)朝に水をあげ、翌日は水を与えず、翌々日朝にあげるパターンで暫く実施しながら様子を見る。
・8月20日前後に出穂となるか?
・10月10日頃稲刈りか? 
・黒米は出穂から40日後が稲刈りと一般うるち米よりも遅い。

 
熊谷での育成に注意が必要な点は何かと考えると
…特に高温障害その対策が必要
・出穂後、20日間の平均気温が26℃又は27℃(最低気温が24℃)を超えると高温障害が多発する  
・出穂期が盛夏と重なる。(8月20日頃は猛暑か?)
・分けつ期が高温化で過剰な生育とならずに済んでいるか。
・食味を意識しすぎ、施肥料を削減すると登熟期に稲の体力が落ちる。
・局地的なヒートアイランド現象など。

充分注意が必要です。
良い実を付けてくれることを祈るばかりです。


********************************************

毎日の食事を通じて健康になれること、
日本の食文化の素晴らしさを伝えたい…
松本米穀精麦株式会社 ライス・スクエア
360-0031埼玉県熊谷市末広1−79
E-mail kumagaya@naozane.co.jp
*********************************************  
posted by 直実 at 14:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

中干し実施へ。

どんどん大きく育つる黒米バケツ稲。
但し、こしひかりや日本晴れに比べて倒伏しやすいのが欠点。
その為、中干しをして根が伸びる力をしっかり蓄える事が大切。
でも中干しするには晴れないと…
こしひかりなら根元から葉の先端まで50〜60cm位になれば、充分中干しして良いのでしょうが、どうもそのサイズでの黒米は根が弱々しく幹が真っ直ぐ育たない中での中干しは心配。
しかし、先週は驚異的に育ち、明らかに根も大きくなり、まだまだ大きく育つ要素を充分残している。
それに天気は今日・明日(7/13.14)は晴れと、中干しするのに適した様子。
そこで中干しを実施する機会と見ました。(写真は次回掲載)

過去の中干し作業についての掲載はこちら…
http://naozane.seesaa.net/article/21385361.html
http://naozane.seesaa.net/article/49083943.html


さて、先週末黒米バケツ稲はどこまで大きくなったでしょうか?
SANY3187.JPG
先週とは明らかに違います。大きいです。

SANY3191.JPG
伸ばしてみると80cm位あります

SANY3192.JPG
中がプニョプニョしています。まだ幼穂?ではないと思います。

SANY3194.JPG
根元もしっかりしてきています。今週中干しをすることで、
更にしっかり根が張る強さを得ることを祈ります。

********************************************
毎日の食事を通じて健康になれること、
日本の食文化の素晴らしさを伝えたい…
松本米穀精麦株式会社 ライス・スクエア
360-0031埼玉県熊谷市末広1−79
E-mail kumagaya@naozane.co.jp
*********************************************

posted by 直実 at 13:16| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

原ちゃん宅のバケツ稲黒米はどんどん大きく育っています。

バケツ稲黒米はどんどん大きく育っています。7月4日までの成長状況をアップいたしました。

6月20日 
上へ上へ伸びる様子をはっきり感じられます。
SANY2911.JPG

こんなに大きくなりました。
SANY2915.JPG


6月21日
定規で測ってみました。
SANY2981.JPG


34cmあります。いいペースで育ってくれています。
SANY2979.JPG


葉が大きく育ち、広がってきています。
SANY3008.JPG


6月27日
右にも左にも伸び広がっています。
SANY3014.JPG


黒米の特徴ですが、葉の付け根は黒い(紫黒色)です。
SANY3024.JPG


これだけ育ち始めましたので、ちっと早いかもしれませんが、植物向けの肥料を与えました。
SANY3025.JPG


6月29日
黒米の欠点だそうですが、倒伏しやすいお米だそうです。根の張り具合が同じバケツ稲向けの日本晴れや、そしてコシヒカリよりも弱いような気がします。
SANY3035.JPG


幹が細い稲は葉がプツンと途中で折れています。こういう稲は根がしっかり土に潜るようかぶせ、根が張るようにする工夫が必要です。
SANY3082.JPG


7月4日
寸法が分かるように5cm単位の壁紙を貼りました。
SANY3080.JPG


7月4現在伸びた稲の葉は55cmあります。
SANY3081.JPG


梅雨明けまで平年ですと15日位。太陽はなかなか顔を出してくれませんが、今はしっかり水と栄養を吸収しながら育っていただきたいものです。




 
posted by 直実 at 11:18| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

黒米!6月13日のまでの成長の写真を掲載します。

前記事に続きまして原ちゃんです。
すでにバケツに芽を植えてから約一ヶ月経過しました。
6月13日までの育成状況の写真をスポット的にアップささていただきました。

5月21日 ぐぐっと成長する力強さを感じます。
SANY2309.JPG


5月25日 どんどん芽が出てきて育っていきます。  うれしくなってきます。
SANY2375.JPG



6月 6日 目に見えて育っていっています。
SANY2706.JPG


SANY2766.JPG


SANY2581.JPG


  

6月13日 1週間でこの(上記写真との)違い。 ” 育っている ”のを感じます。
SANY2766.JPG

どんどん大きくなってほしいものです。

 

  
posted by 直実 at 16:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原ちゃん黒米

実はこのブログ ”ぼくと私の稲作体験”ですが、今年(平成21年度)は当社の若手2名の女性社員がアップします。
しかしこのブログの”黒幕”原ちゃんが自宅で ”黒米"のバケツ稲の育成を始めたんです。
(黒米:古代米のバケツ稲セットはまだ販売しているようですよ詳しくは…)

http://www.ja-group.or.jp/baketsuine/question/order/kodaimai.html
をご覧下さい。
そこで、若手女性社員の記事の他に、時よりアラフォーの原ちゃんの記事もアップされますがご了解を!

さて、5月17日にバケツに植える作業を行いました。


届いたバケツ稲セットです

SANY2283.JPG


バケツ稲セットが届いてすぐに、黒米の種籾を水につけておいたんです。3日ほどで芽が出てきました。
SANY2275.JPG

バケツに土と肥料を入れます。
SANY2289.JPG


水をいれよくこねます。
SANY2293.JPG


芽を上に指の第一関節くらいまでいれます。
SANY2297.JPG


後は大きく育ってくれるのを祈るばかりです。

byはらちゃん
posted by 直実 at 16:02| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。